試合情報 - 2019年度
Games

第44回 日本リーグ 第10戦

2020/02/09(日) 13:00~ 生駒市体育協会滝寺S.C.体育館(奈良県)

オムロン VS 大阪ラヴィッツ

  • 24
  • 21
    • 15
    • 11
    • 9
    • 10

試合戦評 Match Report

 リーグ第10戦目の相手は大阪ラヴィッツ。大阪ラヴィッツのスローオフで試合開始し、先制点は大阪ラヴィッツのサイドシュート。オムロンも負けじと速攻でNo.2勝連、No.19福井がシュートを決め、2連続得点に成功。しかしそこからオムロンはオフェンスでミスが続き、相手に5連続得点を許してしまう。何とか流れを変えたいオムロンはオフェンスでNo.4吉田の強気なロングシュートで得点を稼ぎ、ディフェンスに流れをつくり相手のミスを誘って速攻で4得点を獲得。ラスト5分、このまま流れを保ちたかったが、セットでのミスが出てしまい、良い流れを作れないまま15-11で前半が終了。
 一つ一つのシュートやディフェンスを大切にして、足を止めずにいこうと臨んだ後半戦。開始9分までオムロンは得点することが出来ず苦しい展開となる。その間に大阪ラヴィッツに3得点を許して15-14とされる。後半開始10分、No.7岩渕の思い切りの良いロングシュートが決まり、オムロンのオフェンスが息を吹き返す。大阪ラヴィッツもカットインシュートなどで得点するが、No.7岩渕のロングシュート、No.14川俣、No.19福井の速攻、No.6石井のカットインシュートなどで後半開始16分までで21-17とし、攻撃の手を緩ませない。開始16分過ぎ、No.18伊地知が思い切ったロングシュートを決めるが、その後4分間、シュートミスやパスミスで得点する事が出来ない。後半21分に相手のミスからNo.14川俣の速攻で得点する。そこからオムロンは27分まで無得点に終わり、その間に4失点を許す。最後はNo.7岩渕のカットインが決まり24-21で試合終了。
 課題が沢山残る試合内容だったが、全員の力で勝利で収めた。次の試合はソニーセミコンダクタマニュファクチャリング。 前回の屈辱を晴らす為に全員で戦いに行きたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
2点
吉田 起子
4点
石井 優花
4点
岩渕 いくみ
4点
尾﨑 佳奈
2点
川俣 ゆかり
5点
伊地知 美姫
1点
福井 亜由美
2点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ