試合情報 - 2019年度
Games

第9回 全日本社会人選手権 決勝リーグ

2019/05/11(土) 12:00~ 福井県営体育館(福井県)

オムロン VS 北國銀行

  • 14
  • 32
    • 7
    • 19
    • 7
    • 13

試合戦評 Match Report

 決勝リーグ2戦目の相手は、北國銀行。北國銀行のスローオフで試合が始まり、北國銀行にサイドシュートで先制点を取られる。その後約5分間、オムロンは、No.7岩渕や、No.4吉田、No.6石井が積極的にゴールを狙うが、相手キーパーに阻まれ、得点する事が出来ない。しかし、オムロンもNo.19福井の機動力を使った5-1DFが機能し、無失点に留める。開始6分、北國銀行にポストシュートで得点を許すが、すぐにNo.7岩渕が相手DFを上手くかわし、サイドシュートで1点を返す。開始7分、No.2勝連がリバウンドを正確に決め同点とする。オムロンは、No.4吉田のロングシュートで1点を返してから、ミスが続き、8分間無失点に抑えられると相手に4得点を与えてしまう。開始15分、No.4吉田がロングシュートが決めるが、すぐに北國銀行にロングシュートを決め返される。開始17分、No.6石井がカットインシュートで7Mを獲得すると、それをNo.4吉田が決めて5-9とする。この後、前半終了までにミスからの逆速攻で4失点し、さらに27分、28分と立て続けにNo.6石井、No.2勝連が退場し、数的不利の苦しい時間が続き19-7で前半を折り返す。
 ディフェンスを再確認し、挑んだ後半戦だったが、なかなかリズムに乗る事ができず、開始早々、ポストに得点を許す。それでも果敢に前を狙い続けてNo.4吉田、No.7岩渕のロングシュート、No.6石井のカットインシュートで3得点を挙げるがなかなか点差を縮める事ができない。後半14分攻撃のシステムをダブルポストに変え、No.19福井がポストシュートを決めるが、すかさず相手にサイドシュートを決められ、11-25と点差を広げられる。開始17分、相手のパスミスからNo.6石井の速攻で得点を決める。このまま流れを掴みたいオムロンだったが、オフェンスでの細かいミスが続き、8分間得点を決める事ができない。それでも最後まで諦めずNo.4吉田のロングシュート、No.5高杉のカットインから退場者を出し、吉田が確実に7Mを決め、相手に食らいつくも14-32で完敗し、試合終了。

 オフェンスでの細かいミスが多く、そこからの失点の多さが課題となった。今大会残り1試合となるが、今日の課題を修正し、明日の試合に繋げたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
1点
吉田 起子
6点
石井 優花
2点
岩渕 いくみ
3点
尾﨑 佳奈
1点
福井 亜由美
1点

試合Photo Photos

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ