試合情報 - 2014年度
Games

第12回 東アジアクラブ選手権 2回戦

2015/04/18(土) 16:00~ 別府市総合体育館 べっぷアリーナ(大分県)

オムロン VS 北國銀行(日本)

  • 20
  • 22
    • 7
    • 10
    • 13
    • 12

試合戦評 Match Report

 東アジアハンドボールクラブ選手権、2戦目の相手はプレーオフ決勝戦で破れた北國銀行。
 開始1分半、北國に7メートルスローを決められ、先制点を与えてしまう。2分から6分までの4分間は互いに両GKの好セーブもあり、なかなか点が決まらない。オムロンは6分にNo.2澤田がサイドシュートを決めるもその後、ミスが続き、前半15分1-4とロースコアな展開となる。この流れを断ち切りたいオムロンは17分にタイムアウトを要求。その後、落ち着きを取り戻すと、No.17東濱のステップシュートで1点差、No.13勝連のサイドシュートで7-7の同点に追いつく。しかし、前半残り5分再び北國がアウトサイドを狙い7-10の3点ビハインドで前半を折り返す。
 チームプレーにこだわらず、様々な発想で試合を展開しようと修正して臨んだ後半。開始50秒、オムロンは北國のミスを誘い速攻が決まる。互いにミスが目立ち、走り合いのゲームとなるが、主導権を握ったのは北國。サイドシュートや速攻などで得点を重ね、10分過ぎには10-15の5点差となる。ここから、オムロンは粘りのディフェンスで相手のミスを誘い、それを確実に得点へと繋げ、この試合初の1点リードとなる。ここで北國はタイムアウトを要求すると、No.3がサイドシュートを確実に決め、20-22の2点差で試合終了。

 後半、試合の波が来たにも関わらず、それを活かすことができなかった。今大会2連敗と厳しい戦いが続いているが、明日の最終戦は勝利で終わりたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
3点
吉田 起子
5点
永田 しおり
2点
澤田 智美
7点
東濱 裕子
3点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ