試合情報 - 2014年度
Games

第39回 日本リーグ 第17戦

2015/02/15(日) 13:00~ 北陸電力福井体育館フレア(福井県)

オムロン VS 飛騨高山ブラックブルズ岐阜

  • 22
  • 11
    • 15
    • 8
    • 7
    • 3

試合戦評 Match Report

 リーグ17戦目の相手は飛騨高山ブラックブルズ岐阜。昨日の試合に続き、ディフェンス面での細かい部分の課題を持って臨んだ高山戦。開始から好調な滑り出しを見せたオムロンは、前半10分の間にNo.7藤井、No.2澤田などので7連続得点をあげる。対する高山は、8分のタイムアウト後、2連続得点で勢いに乗る。そこからは、お互いミスが続き、思うような試合展開ができない。この流れを先に経ちきった高山は、No.17のロングシュートで得点するもオムロンのバックプレーヤー陣のロングシュートが立て続けに決まり、再びオムロンのペースとなる。勢いを取り戻したオムロンが15-8で前半を折り返す。
 高山の変則的なディフェンスに対しての攻めを確認して臨んだ後半。開始早々、No.17東濱のロングシュートが決まると、No.7藤井、No.14川俣と続いて4連取に成功する。対する高山は、No.17を中心にポストを絡めたプレーからサイドシュートで加点し、21-6とする。ここから両チーム共5分間無得点の時間が続く。オムロンは、この状況を打開すべくタイムアウトを請求し、オフェンスの攻撃パターンを変える。その後、ミスが続く場面も多く見られたが、No.4吉田がロングシュートで2得点し、22-11で試合終了。

 得点が取れない時間帯こそチームが一体となり、早い段階で打破できるように個々が強くならなければいけない。リーグ最終戦の相手は、リーグ首位を走っている北國銀行。プレーオフを目の前に、大事な試合となることは間違いない。プレーオフ優勝に向け、なんとしても勝ちきれるように準備して全員で戦い抜きたい。

得点情報 Scoring

吉田 起子
2点
川俣 ゆかり
1点
澤田 智美
2点
稲葉 由衣
4点
藤井 紫緒
9点
東濱 裕子
4点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ