試合情報 - 2014年度
Games

第39回 日本リーグ 第14戦

2015/02/08(日) 13:00~ 西条市総合体育館(愛媛県)

オムロン VS 広島メイプルレッズ

  • 17
  • 15
    • 10
    • 5
    • 7
    • 10

試合戦評 Match Report

 リーグ14戦目の相手は広島メイプルレッズ。
オムロンのスローオフで試合がスタート。開始2分オムロンNo.5稲葉のロングシュートで試合が動くが、すぐさまオムロンのミスを速攻に繋がれ1-1となる。その後、オムロンはNo.1藤間を中心にディフェンスが機能し始め、7Mスローを与えるも、10分間を1得点に抑えることに成功する。その間、No.13勝連の速攻などで4-1とする。ここで広島はタイムアウトを請求。直後にオムロンは7Mスローで得点を許す。ここからは、両キーパーの活躍もあり拮抗した展開が続く。しかし、広島の退場をきっかけに、オムロンが流れを掴み、堅実なディフェンスを見せ12分間を無失点に抑える。オフェンスではNo.9永田、No.7藤井が連続得点をあげ、10-5で前半を折り返す。
 更に守りを固めることに注力した後半。開始2分、No.17東濱が巧みなロングシュートとカットインシュートで2連続得点に成功。対する広島は、負けじとNo.7を軸に早いパス回しからのカットインシュートで反撃にかかる。ここから一進一退の攻防が続くが、オムロンは退場もあり苦しい試合展開となる。勢いを取り戻した広島は、バックプレーヤー陣の個人技で7Mスローを獲得。しかし、オムロンNo.12山中が、本日3本中3本の7Mスローをセーブし、流れを変えた。キーパーの援護を受けたオフェンス陣は、すぐさまNo.14川俣がポストシュートを決め15-11とする。何としても追いつきたい広島は最後まで積極的にゴールを狙い、残り2分16-15の1点差となる。最後は、オムロンNo.7藤井がカットインシュートを決め17-15で試合終了。

 次戦は今年度最後のホーム戦、相手はソニーセミコンダクタ。プレーオフ優勝に向け、勝ち切ることはもちろん、内容にこだわっていきたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
4点
永田 しおり
1点
川俣 ゆかり
1点
稲葉 由衣
3点
藤井 紫緒
5点
東濱 裕子
3点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ