試合情報 - 2014年度
Games

第66回 全日本総合選手権 決勝戦

2014/12/28(日) 11:00~ 愛知県体育館(愛知県)

オムロン VS 北國銀行

  • 25
  • 23
    • 10
    • 8
    • 11
    • 13

(延長:2-0,2-2)

試合戦評 Match Report

 前回大会決勝と同じ組み合わせの女子決勝。全日本総合4連覇がかかるオムロンと、今シーズン好調で第45回大会ぶりの優勝を狙う北國銀行との決勝戦。北國銀行のスローオフで試合開始。北國銀行No.3のサイドシュートで先制されるも、オムロンの早いパス回しからNo.7藤井、No.17東濱のロングシュートで反撃をする。対する北國銀行はNo.4、No.17の得点で応戦。前半15分を経過してディフェンスが機能し始め、お互いにミスが目立つ展開になるが、北國銀行の退場をきっかけにオムロンが数的有利を生かしNo.13勝連のサイドシュート、No.9永田のポストシュートで連取、前半25分10-7とオムロンがリードする。前半残り5分北國銀行はNo.3のサイドシュートで2点差に詰め寄り、オムロンがたまらずタイムアウトを請求。しかし、粘る北國銀行ディフェンスの前に点を奪うことができない。苦しい展開が続くオムロンだったが、No.1藤間の好セーブもあり流れを渡さないまま10-8のオムロンリードで前半戦終了。
 個々のシュートへの姿勢を見直し、臨んだ後半。開始早々にオムロンが連続退場、チャンスを逃さず北國銀行が同点に追いつく。ここから両チーム互角の展開になり後半20分17-17の同点に。緊迫した展開を先に抜け出したのは北國銀行、No.9、No.13の得点で19-17とリードされる。オムロンもNo.17東濱、No.5稲葉の連続得点ですぐさま追いつき21-21で延長へ。
 北國銀行はNo.13を中心に反撃を試みるが、オムロンNo.1藤間の連続セーブでオムロンが勢い付く。流れに乗ったオムロンは、No.7藤井、No.17東濱が執念のプレーで試合を決め、25-23で試合終了。

 オムロンは、今季初のタイトル、全日本総合4連覇を達成した。次戦は1月10日から再開される日本リーグ。また新たに気持ちを引き締め、プレーオフ優勝に繋げたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
3点
永田 しおり
2点
澤田 智美
2点
稲葉 由衣
3点
藤井 紫緒
7点
東濱 裕子
8点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ