ピンディー日記
Blogs

2020/07/07 ゆう

No.06 石井 優花

No.06 石井 優花

みなさん、こんにちは。今日のピンディー日記を担当するのはNo.6ゆうです。

 

今回の九州豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私たちの住む熊本や福岡、大分など今もまだまだ強い雨が降り続いています。

さらには今日の夜から明日にかけて中国四国地方、東海地方でも大雨が予想されています。

今後も河川の氾濫や土砂災害等、予断を許さない状況ですので早めの避難、荷物の準備を行いましょう。

 

災害級の大雨から身を守る方法や避難の仕方、気をつけなければならないことを気象庁や日本気象協会などの情報をもとに紹介します。

 

 

1、どこに避難したら良いか

各自治体が指定している避難場所へ移動しましょう。

すでに周辺で被害が発生していたり、避難場所への移動がかえって命に危険を及ぼしかねない状況だと判断した場合は、次のような行動を取りましょう。

・「近隣の安全な場所」への緊急避難

・「屋内安全確保」:自宅の2階以上で崖からできるだけ離れた場所に移動するなど、少しでも命の助かる可能性が高い安全確保行動を取りましょう。

 

 

2、避難時の注意点

・危険な場所は避けましょう

−山などの急な斜面、河川、用水路、崖、地下街

・車での避難は極力避けましょう

−浸水深が30センチ以上になるとエンジンが停止し、浸水深・流速が増すと自動車ごと流される場合があります。

 

 

3、やってはいけないこと

・川や用水路の様子を見に行くことは絶対にやめましょう

河川の様子は自治体などがインターネットでライブカメラや、河川の水位をリアルタイムで公開しているところもあります。様子を見に行かずこれらの情報から把握するようにしましょう。

 

 

これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです。

みなさま、気をつけてお過ごしください。