ピンディー日記
Blogs

引退のご挨拶 ドナ

山下 真里奈

山下 真里奈

皆さんこんにちは。これまで担当してきたこの日記も今日で最後の更新となります。

 

突然ではありますが、この場をお借りしてご報告があります。
私、山下真里奈(No.10 ドナ)は、本日3月31日をもってオムロンハンドボール部を引退することとなりました。

 

2015年度に入社・入部し、5年間大変お世話になりました。東海大学を卒業後、大学の先輩にあたるオムロンOGの小林さん・相澤さんを追いかけ、ここ山鹿の地へやって来ました。まさか、日本トップチームのオムロンのユニフォームに袖を通しコートに立つ日が来るとは、夢にも思いませんでした。黄さんの指導の下日本一になりたいと思い入部を決め、在籍中に2度の優勝を味わせて頂きました。念願の日本一に喜ぶと同時に、日本一への道のりは想像以上に過酷で険しいと身をもって感じました。

 

なかなかコートに立てない下積み、長いリハビリ生活と、涙を流すことの方が多く、皆さんにコートに立つ姿を披露できた機会もわずかなものでした。しかし、このチームで必死にハンドボールに打ち込んできたことに変わりはありません。ここで過ごした5年間に胸を張って終わりを迎えられたのも、これまで支えて下さった皆さんのお陰です。

 

苦楽をともにして来た仲間、いつも温かく応援して下さった職場や地域の方、ハンドボールを通してたくさんの素敵な出会いに恵まれてきました。この様な環境の中でハンドボールに没頭できた5年間は本当に幸せでした。

 

在籍中にはチームの変革も行われ、私たちを取り巻く環境も大きく変わりました。変化を起こすタイミングで現役選手としてチームに携われたことに感謝しています。今後も、このチームの本質は変わることなく、新たな変化を重ねながら、より進化したオムロンピンディーズが見られることと思います。私も新たな人生を全うしつつ、これからはOGとして応援していきたいと思います。

 

本来であれば、直接ご挨拶すべきところではございますが、この場を通してのご挨拶となりますことをご容赦下さい。皆様方のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。

 

5年間、本当にありがとうございました。