ピンディー日記
Blogs

引退のご挨拶 いと

No.03 相澤 莉乃

No.03 相澤 莉乃

皆さんこんにちは!突然ではありますが、今日はこの場をお借りしてご報告がございます。
私、相澤莉乃(No3 いと)は5月に行われました社会人大会を最後に引退することとなりました。
7年2か月の間、温かいご声援を送って下さり、本当にありがとうございました。

 

オムロンに入社した当初は、地元を離れ九州での生活や寮生活など全ての事が初めてで、ワクワク感よりも不安の方が大きかったことを覚えています。中学からハンドボールを始め、高校・大学とハンドボールをしていく中で、日本一になりたい!もっと上手くなりたい!と思い、また西窪さんや黄さんに声をかけて頂きオムロンへの入社が決まりました。

 

入社してからは偉大な先輩方のおかげで何度も日本一になり、素晴らしい景色を沢山見ることが出来ました!
私自身スタートメンバーとしてコートに立つ日が来たのは6年目の時でした。それと同時にチームのバイスキャプテンとなり、試合で勝つことや勝利への貢献・そしてチームを引っ張っていくことがこんなにも難しいのかと、分かっていたはずなのに自分の無力さを痛感しました。辛く苦しい事も多く、現役中は沢山の涙を流してきました。しかし勝ってチームメイトやスタッフそしてファンの皆さんと一緒に喜ぶことが何よりも嬉しく最高の瞬間でした!

 

会場をピンクに染め一緒に戦って下さる皆さんのおかげで、自分の持っている力以上のパワーを引き出してもらえました。大歓声の中試合をすることができ、最高の舞台で戦えたことは私の宝物です。ここ数年は優勝することから離れていますが、それでも応援し続けて下さる皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これまで沢山のご支援、ご声援を送ってくださったオムロンファンの皆様、全国各地の会場へ駆けつけて下さるオムロングループの皆様、大会運営等でご尽力頂いた皆様、いつも声をかけて下さる山鹿市の皆様、そして叱咤激励をしてくださるOGの皆様、私のハンドボール人生に関わって下さった全ての皆様のおかげでここまでハンドボールを続けてくることができました。

本当にありがとうございました。

オムロンハンドボール部はまだまだ進化し続けていくと思いますので、引き続きご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。

 

本来であれば直接ご挨拶すべきところではありますが、この場をお借りしてのご挨拶となりますことをご容赦ください。
皆様方のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。