試合情報 - 2020年度
Games

第45回 日本リーグ 第16戦

2021/02/28(日) 13:30~ AGF鈴鹿体育館

オムロン VS 三重バイオレットアイリス

  • 25
  • 18
    • 12
    • 8
    • 13
    • 10

試合戦評 Match Report

 第45回日本ハンドボールリーグ第16戦の相手は三重バイオレットアイリス。相手のスローオフで試合開始。先制ゴールはNo.4吉田のロングシュート。続いてNo.6石井の速攻で連続得点とする。開始8分、相手の7mの得点で同点に追いつかれるも、ここからディフェンスが機能し、さらにNo.1宮川の好セーブもあり7分間無得点に抑える。この間にNo.11 尾﨑のサイドシュート、No.7岩渕、No.22米澤の速攻が決まり7-3とする。そこから取っては取られての展開が続く。点差を離したいオムロンだが、前半22分以降シュートミスが続いてしまう。前半終了間際にNo.6石井のロングシュートが決まり、前半を12-8で終える。
 攻守共に確認して挑んだ後半戦。開始直後No.6石井の果敢なカットインで7mを獲得する。それをNo.4吉田が確実に決める。オムロンの勢いは止まらず、No.1宮川が好セーブを連発し、後半開始5分から15分間相手を無得点に抑える。その間No.22米澤のサイドシュート、No.7岩渕、No.6石井、No.4吉田のロングシュート、7mスローで6連続得点し21-11とする。その後も果敢に攻め続けるオムロンは後半開始21分、No.9永田のポストプレーにより7mを獲得し、それをNo.4吉田が決める。代わってコートに立ったNo.5髙杉がカットインシュートを決め、22-13と更に点差を広げる。対する三重バイオレットアイリスもカットインやロングシュートで応戦するがNo.12白石の好セーブもあり点差を縮めることができない。後半開始29分No.4吉田がロングシュートを決めオムロンが最後まで主導権を握ったまま25-18で試合終了。
 日本一を目指して今シーズン戦ってきたが、自分たちの強みをなかなか発揮できずプレーオフに進出することが出来なかった。この結果を謙虚に受け止め、チーム一丸となり来シーズンに向けて新たなスタートを切りたい。

得点情報 Scoring

吉田 起子
10点
髙杉 桃加
2点
石井 優花
4点
岩渕 いくみ
3点
永田 しおり
1点
尾﨑 佳奈
1点
米澤 綾美
4点

試合Photo Photos

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ