試合情報 - 2019年度
Games

第44回 日本リーグ 第15戦

2020/02/23(日) 15:00~ 山鹿市総合体育館(熊本県)

オムロン VS HC名古屋

  • 26
  • 30
    • 12
    • 15
    • 14
    • 15

試合戦評 Match Report

 第44回日本ハンドボールリーグ15戦目の相手はHC名古屋。名古屋のスローオフで試合開始。開始早々サイドシュートを決められ先制点を許す。更に審判のジャッジも厳しく開始5分で2回の退場者を出し相手に次々と得点され2-6と点差を広げられる。退場者も戻り6対6の状態になったところで得点に繋げたいオムロンはセットでNo.14川俣のポストシュート、No.4吉田No.7岩渕のロングシュート、No.2勝連の速攻など幅広い攻めで得点を重ね、前半20分10-8と逆転に成功する。しかしラスト10分間でまたも3回の退場者を出し、相手に数的有利な時間を多く与えてしまい逆転され、12-15で前半が終了。
 自分たちがやるべき事をもう一度確認して臨んだ後半戦。開始すぐにNo.11尾﨑がサイドシュートを決めるが、名古屋にカットインシュートで返される。オムロンは前半に引き続きミスが続き、後半開始5分まで得点を奪えず、逆に名古屋に追加で2点を許してしまう。No.4吉田、No.7岩渕のロングシュートが立て続けに決まり、流れを掴みかけるが、名古屋もカットインシュートで得点する。後半開始9分に名古屋のミスからの速攻をNo.14川俣が決め、17-19とする。しかし、オムロンはパスミス、シュートミスが連続し、6分間得点を奪えない。この間に相手もミスが続き2失点で抑えられたが、厳しい状況が続く。後半開始15分にNo.11尾﨑、No.5高杉の速攻が決まり19-21。追い付きたいオムロンだが、名古屋のサイドシュート、カットインシュートが止められず、2点差から縮める事が出来ない。後半20分過ぎにNo.11尾崎の速攻が決まるも、その後5分間無得点に終わる。後半26分過ぎにNo.14川俣のポストシュートが決まり波に乗る。機動的なディフェンスから相手のミスを誘いNo.11尾崎の速攻が決まり、直後にNo.8西尾のサイドシュートも決まる。ミスが続くが最後はNo.14川俣のポストシュートが決まり26-30で試合終了。
 HC名古屋の敗退でプレーオフ進出が途絶えたが、今シーズン残りのプレステージ・インターナショナルアランマーレ戦に全てをぶつけたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
1点
吉田 起子
6点
髙杉 桃加
1点
岩渕 いくみ
4点
西尾 瑠那
1点
尾﨑 佳奈
5点
川俣 ゆかり
7点
福井 亜由美
1点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ