試合情報 - 2019年度
Games

第44回 日本リーグ 第13戦

2020/02/16(日) 15:00~ 員弁運動公園体育館(三重県)

オムロン VS 三重バイオレットアイリス

  • 26
  • 24
    • 10
    • 15
    • 16
    • 9

試合戦評 Match Report

 第44回日本ハンドボールリーグ、13戦目の相手は三重バイオレットアイリス。三重のスローオフで試合が始まる。開始して最初はお互いに得点出来ないが、オムロンのミスからの速攻で相手が先制点を挙げる。しかしすぐにオムロンはNo.7岩渕がロングシュートで1点を返す。ここからオムロンは約10分間、退場者が出た事やミスが続いたこともあり、得点を挙げられない。その10分間で三重に5得点され、1-6まで引き離される。開始13分からNo.2勝連がサイドシュートを2連続で決めるが、三重のカットインシュート、サイドシュートで点差が縮まらない。前半の15分過ぎからはお互いに攻め手を緩ませず、苦しい展開が続く。三重が開始29分にサイドシュートを決め、9-15となる。オムロンは次のオフェンスでノータイムフリースローを獲得。これをNo.4吉田が相手の壁の上から見事に決め、10-15で前半を折り返す。
 攻守共に再確認し臨んだ後半戦。相手のシュートミスからの速攻でNo.11尾﨑がシュートを決めるが、三重も負けじとオフェンスで粘りを見せ、互いに取っては取られての展開が続き、開始10分で14-20となりなかなか点差を縮められない。点差を縮めたいオムロンは監督の指示でディフェンスシステムを5:1や6:0に場面場面で変えていき、相手の攻撃を狂わせる。ディフェンスに成功したオムロンは、オフェンスで落ち着いて得点を狙いにいき、No.11尾﨑、No.8西尾のサイドシュート、No.4吉田、No.7岩渕のカットインで点数を稼ぎ、徐々に点差を縮めていく。 後半19分過ぎから怒涛の追い上げを見せる。No.4吉田・No.11尾崎の速攻、No.7岩渕のカットインが決まり相手のミスを全て得点に繋げる。三重に1点を返されるが、No.1宮川のナイスセーブもあり得点を許さない。その間にNo.7岩渕のカットイン、No.6石井の不意を衝くステップシュートが決まり26-24で勝利を収めた。
 プレーオフ進出をかけて絶対に負けられない戦いを全員の力で勝ち取った。次の試合はイズミメイプルレッズ戦。相手の対策を練り次に繋げたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
2点
吉田 起子
9点
石井 優花
1点
岩渕 いくみ
6点
西尾 瑠那
2点
尾﨑 佳奈
5点
江藤 美佳
1点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ