試合情報 - 2019年度
Games

第44回 日本リーグ 第12戦

2020/02/15(土) 15:00~ 小松総合体育館(石川県)

オムロン VS 北國銀行

  • 22
  • 22
    • 14
    • 13
    • 8
    • 9

試合戦評 Match Report

 第44回日本ハンドボールリーグ、12戦目の相手は北國銀行。オムロンのスローオフ試合が開始する。最初のオフェンスでNo.7岩渕が思い切りの良いロングシュートで先制点を挙げる。また、ディフェンスがうまく機能した事、北國銀行のミスが続いたこともあり、開始3分まで相手に得点を許さない。その間に、No.6石井のカットインシュート、No.11尾﨑のサイドシュートが決まり、3-0とスタートダッシュに成功する。北國銀行もロングシュートで1点を返すが、開始4分にNo.6石井がカットインシュートを決め、さらに北國銀行に1人退場者を出す。数的有利な状況のオムロンだが、この2分間は得点に繋げられなかった。逆に北國銀行はロングシュートを決め、引き離されまいと攻め手を緩ませない。退場者が戻り、オムロンはNo.7岩渕が再びロングシュートを決め、チームを鼓舞するが、ここから開始17分までお互いに一歩も譲らず、8-6とする。17分過ぎにNo.6石井が退場し、数的不利な状況になる。この時間帯から北國銀行に4連続得点を奪われ、逆転されてしまう。しかし、ここから前半終了まで、両チームミスが続く時間帯が出てくるが、オムロンも再び追い付き追い越して流れを引き寄せて14-13で前半を折り返す。
 攻撃を中心に確認して挑んだ後半戦。後半開始10分までは無得点に終わる。後半10分過ぎにNo.6石井のカットインシュートが決まる。そこから北國銀行の連続速攻が決まるが、オムロンもNo.14川俣のポストシュートで反撃する。本試合好調のNo.7岩渕がロングシュート、カットインシュートを決め、更にNo.4吉田のロングシュートが決まり流れに乗る。後半21分にはNo.7岩渕のカットインで20-20と同点になり、続くロングシュートで21-20で逆転に成功。このまま勝ち切りたいオムロンだったが、相手にカットインシュートを決められ、またもや同点となる。残り5分を切り緊迫した状況の中ディフェンスで粘り、相手のシュートミスからの速攻でNo.4吉田が体を張ってシュートを決め、22-21とリード。更に北國銀行に退場者を出し数的有利の状態になる。しかし、最後の最後で相手にポストシュートを決められ22-22の同点で試合が終了。
 毎試合課題となっている後半の戦い方やシュートミスが響き競り勝つ事がなかなか出来ないが、明日の三重戦では課題を克服し全員で勝利を掴み取りたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
1点
吉田 起子
4点
石井 優花
3点
岩渕 いくみ
8点
尾﨑 佳奈
4点
川俣 ゆかり
2点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ