試合情報 - 2019年度
Games

第44回 日本リーグ 第7戦

2020/01/26(日) 12:30~ スポーツの杜鈴鹿体育館(三重県)

オムロン VS プレステージ・インターナショナル アランマーレ

  • 26
  • 26
    • 15
    • 13
    • 11
    • 13

試合戦評 Match Report

 リーグ第7戦目の相手はプレステージ・インターナショナルアランマーレ。オムロンのスローオフで試合が開始すると、すぐさまNo.14川俣がフェイントからポストシュートを決め、先制点を挙げる。次のセットオフェンスからはミスが連続し、アランマーレに速攻で2得点されるが、ディフェンスを固め相手のミスを誘いNo.11尾崎、No.14川俣、No.19福井の速攻、No.6石井、No.7岩渕のセットでのカットインで点数を重ねる。前半15分が経過すると、オフェンスでのミスが目立ち、そこから相手に逆速攻で得点を許してしまい苦しい展開が続く。何とか流れを掴みたいオムロンはもう一度ディフェンスで立て直し、No.8西尾のスピードある速攻で得点しセットオフェンスでNo.4吉田のカットイン、No.7岩渕がロングシュートを決める。だか、最後はミスが連続し、流れをつくりきれないまま15-13で前半が終了。
 前半の消極的な攻めを変え、1人1人が自分の目の前を勝負しに行こうと全員で意思統一し臨んだ後半戦。出だしこそディフェンスで粘り、No.7岩渕がカットインシュートを決めてリードを広げようと試みる。しかし、オムロンはここから約5分間、シュートを狙うが決めきれない時間に入ってしまう。また、ディフェンスも間を突かれてしまい、3得点を奪われる。後半開始6分、No.11尾﨑が落ち着いてサイドシュートを決めるが、アランマーレもすぐにロングシュートで取り返す。お互いにパスがうまく繋がらず、ミスが続き得点に繋げられない。No.11尾﨑が再びサイドシュートで得点を重ねて18-17となる。アランマーレも粘り、取っては取られの展開が続く。後半開始13分、オムロンは退場者を出し、数的不利な状況になってしまう。アランマーレはその状況を活かし、2得点をあげ、逆転される。退場者が戻ると、No.7岩渕、No.11尾﨑のカットインシュートで同点となるが、後半開始19分過ぎ、オムロンは再び退場者を出して、アランマーレに7mを決められリードを許してしまう。後半20分過ぎにNo.4吉田のカットインで得点すると同時に相手の退場を誘う。その直後にまたも相手が退場した隙にNo.2勝連がサイドシュートで追加得点を挙げる。しかしその後3本のノーマークミスを外し苦しい展開が続く。後半24分過ぎにNo.2勝連が相手を掻き乱しポストシュートを決める。一進一退の攻撃が続きNo.4吉田のロングシュートが決まり26-25と勝ち越すが最後に逆速攻をやられ26-26の同点で試合終了。

 勝ち越したかった1試合だったが同点で終了した。プレーオフ進出には1試合も落とせない展開となったが、次のHC名古屋戦に向けてもう一度チームの方向性を確認していきたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
4点
吉田 起子
5点
石井 優花
2点
岩渕 いくみ
7点
西尾 瑠那
1点
尾﨑 佳奈
4点
川俣 ゆかり
2点
福井 亜由美
1点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ