試合情報 - 2019年度
Games

第44回 日本リーグ 第5戦

2020/01/18(土) 13:00~ マエダハウジング東区スポーツセンター(広島県)

オムロン VS 三重バイオレットアイリス

  • 28
  • 29
    • 14
    • 12
    • 14
    • 17

試合戦評 Match Report

 第44回日本ハンドボールリーグ5戦目の相手は三重バイオレットアイリス。三重のスローオフで試合開始。開始すぐに三重にサイドシュート、ポストシュートで2連続得点されるが、すかさずオムロンもNo.7岩渕、No.11尾崎、No.6石井がシュートを決める。開始5分過ぎ、オムロンの強引な攻めに三重は苦戦し2回の退場者を出す。その間にオムロンは数的有利な状態で3連続得点に成功し流れをつくる。三重もオムロンに食らいつこうとロングシュートやサイドシュートで点数を決めるが、オムロンは流れを切らさず、No.2勝連のサイドシュート、No.6石井、No.7岩渕のカットインで得点を量産。後半25分、相手のカットインにより退場者を出すが、No.6石井、No.4吉田のロングシュートで何とか持ち堪え、14-12で前半を終える。
 主に守備を確認して挑んだ後半戦。開始早々No.6石井のカットインで得点し、波に乗ったオムロンは2分過ぎにNo.14川俣のポストシュートで7mを獲得するとNo.4吉田が確実に得点に繋げる。さらに相手のミスからNo.2勝連の速攻が決まり3連取して波に乗りたいが、そこから4分間無得点に終わる。後半7分にNo.6石井のカットインでまたも7mを獲得するとNo.4吉田が決める。その後No.14川俣のポストシュートが決まり19-16とする。三重にカットイン、ポストシュートと満遍なく得点される。ここで更に点差を広げたいオムロンだが、中々得点が決まらず後半12分過ぎにNo.2勝連のカットインで7mを獲得すると本日4本目のシュートを決めるが三重のロングシュートが決まり20-20と同点となる。その直後に三重に速攻で得点され、1点リードを許すが後半15分にNo.5高杉の間を強く攻めカットインで得点する。一進一退の攻撃が続き、No.2勝連No.11尾崎のサイドシュートが決まる。後半開始20分、No.11團に再びサイドシュートを決められ23-25となる。ディフェンスで我慢し、追いつきたいオムロンであったが、ミスが続き、約5分間得点を奪えない。そのミスにより、三重に速攻で2点を許し、苦しい展開となる。後半24分過ぎ、交代で入ったNo.8西尾が思い切りの良いカットインで7mを獲得する。それをNo.4吉田が決めて24-27とする。試合終了までNo.2勝連の速攻、サイドシュート、No.14川俣のポストシュート、No.11尾﨑の速攻で追い上げるが、最後まで三重のNo.11團を止めきれず28-29で試合終了。
 試合の中で徹底すべき事をもう一度チームとして見直し、アウェイではあるが勝ちにこだわって明日のイズミメイプルレッズ戦に臨みたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
5点
吉田 起子
6点
髙杉 桃加
1点
石井 優花
6点
岩渕 いくみ
5点
尾﨑 佳奈
3点
川俣 ゆかり
2点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ