試合情報 - 2019年度
Games

第44回 日本リーグ 第3戦

2020/01/11(土) 12:00~ 横大路運動公園体育館(京都府)

オムロン VS 北國銀行

  • 24
  • 25
    • 14
    • 15
    • 10
    • 10

試合戦評 Match Report

 第44回日本ハンドボールリーグ第3戦、ホームである京都での相手は、北國銀行。北國銀行のスローオフで試合開始。開始からオムロンは足を動かし、北國銀行に苦しいカットインシュートを打たせ、守りきると、No.6石井が真ん中からカットインシュートを決め先制点を奪う。クイックスタートで直後に返されるが、セット攻撃でNo.7岩渕がロングシュートを叩き込む。ここから7分間、オムロンはミスも続き、得点が奪えない。その間に、北國銀行にサイドシュート、速攻で6得点を取られてしまう。開始9分過ぎ、No.2勝連がサイドシュートを決め、オムロンの攻撃がアウトに上手く流れ始める。No.12白石のナイスセーブも光り、相手に思い通りの攻撃をさせなかった。開始11分、No.18福井が退場し、1人少ない状況になるがオムロンはなんとか守りきり、北國銀行を1点に抑える。数的不利な状況でNo.2勝連が通算400得点となるサイドシュートを決め、5-7とする。前半の中盤にかけて、お互いに積極的に前を狙い、取っては取られの展開となるが、開始25分、相手にロングシュートを決められるも、ここから相手を1得点に抑え、No.19福井のポストシュートが2本連続で決まり、さらにNo.6石井のロングシュート、No.11尾﨑のサイドシュートなど、相手にシュートを絞らせずに14-15と1点を追う展開だが、流れを渡さずに前半を折り返す。
 狙いどころを確認し臨んだ後半戦。オムロンはディフェンスが上手く機能し北國銀行はオフェンスに苦戦。シュートミスが続き、ディフェンスでも退場者を出す。その間にオムロンはセットでNo.4吉田、No.6石井のロングシュート、No.2勝連、No.11尾崎のサイドシュート等で後半8分19-16と逆転に成功。このまま流れを掴みたいオムロンだったが、セットでのミス、ディフェンスで両サイドに得点を許し徐々に点差を縮められ苦しい展開が続くが、14分過ぎNo.5高杉の強引なカットイン、No.2勝連のサイドシュートが決まる。後半20分過ぎにNo.4吉田のロングシュートが決まり、23-22と逆転する。互いに4分間無得点に終わるが、後半24分過ぎに北國銀行の7mで同点に追いつかれる。更に追いつきたいオムロンだが、2失点を許す。最後に意地を見せNo.4吉田の7mが決まり24-25で試合終了。
 第二のホーム京都での試合。社員の方々を始めとする応援団が駆けつけてくださり、最高のホーム戦を迎えることができた。次の試合は明後日のソニー戦。テレビ放映も予定されているので、勝ちにこだわるゲームが出来る様に1日で調整をしたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
4点
吉田 起子
8点
髙杉 桃加
2点
石井 優花
3点
岩渕 いくみ
1点
尾﨑 佳奈
4点
福井 亜由美
2点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ