試合情報 - 2019年度
Games

第44回 日本リーグ 開幕戦

2020/01/04(土) 15:00~ 山鹿市総合体育館(熊本県)

オムロン VS 飛騨高山ブラックブルズ岐阜

  • 21
  • 28
    • 12
    • 13
    • 9
    • 15

試合戦評 Match Report

 第44回日本ハンドボールリーグ開幕戦の相手は、飛騨高山ブラックブルズ岐阜。飛騨高山のスローオフで試合開始。開始1分過ぎ、No.6石井がロングシュートを決め先制点を挙げるが、クイックスタートですぐに返される。次の攻撃でNo.14川俣のポストシュートから7mを獲得。No.4吉田が確実に決める。この後も両チーム果敢にシュートを狙い、お互いに一歩も譲らない展開が続く。オムロンは積極的にシュートを狙うがなかなか得点に繋がらない。開始14分、6-6の状況で相手が1人退場すると、No.4吉田のロングシュート、No.14川俣のポストシュートで8-6とリードするが、この後、7分間、オムロンは得点することが出来ない。その間、相手に3得点を許し、8-9とされる。開始23分、No.2勝連のサイドシュートで1点を返すが、ここから試合終了まで攻守ともに上手く機能せず、12-13で前半を折り返す。
 全員で気持ちを切り替え臨んだ後半戦だったが、出だしからセットのミスが連続し、相手に2得点を許してしまう。だが、すかさず相手のシュートミスからNo.14川俣が速攻で得点、続けてセットでNo.7岩渕がロングシュートを決め、流れを掴もうとしたオムロンだったが、6分過ぎにディフェンスで退場者を2人出してしまい、苦しい展開となる。数的不利の中、No.8西尾のカットインから7mを獲得し、No.4吉田が決め切り粘るが、相手にも得点を許してしまい、取っては取られての展開が続く。ディフェンスで何とか流れをつくろうとNo.11尾崎がパスカットから速攻で得点を決め、徐々に点差を縮める。後半15分過ぎにNo.11尾崎のサイドシュートが決まり、波に乗りたいオムロンだが、後半15分過ぎから26分の約11分間無得点に終わる。その後No.11尾崎のサイドシュートと速攻が決まるが21-28で試合終了。
 開幕戦を勝利で終えられなかったが、明日の大阪ラヴィッツ戦に備えて気持ちを切り替えていきたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
3点
吉田 起子
7点
石井 優花
2点
岩渕 いくみ
1点
尾﨑 佳奈
5点
川俣 ゆかり
3点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ