試合情報 - 2019年度
Games

第9回 全日本社会人選手権 決勝リーグ

2019/05/10(金) 15:40~ 福井県営体育館(福井県)

オムロン VS ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング

  • 23
  • 26
    • 12
    • 11
    • 11
    • 15

試合戦評 Match Report

 決勝リーグ初戦の相手はソニーセミコンダクタマニュファクチャリング。ソニーのスローオフで試合開始。開始早々、相手に退場者を出すと、No.4吉田のカットインで先制し、続けてNo.7岩渕のロングシュートで2得点目を挙げる。しかし、ソニーもポストシュートとロングシュートを決め、5分2-2とする。オムロンは、開始8分にNo.11尾崎がサイドシュートを決めるが、ここから6分間無得点に抑えられる。15分には、No.14川俣が退場し、相手に1得点を与えるが、機動力のあるディフェンスで粘り、相手のミスを誘うと吉田のカットインシュートで流れを引き寄せる。開始20分、No.14川俣の強引なポストシュートから7Mを獲得し、No.4吉田が確実に決める。続けて、No.2勝連が速攻で決め、連続2得点に成功する。このまま波に乗りたいが、シュートミスから相手に速攻を許し、6-8とする。開始23分以降、No.4吉田のロングシュート、No.11尾崎、No.19福井の速攻で6得点を挙げ、終了間際に逆転に成功し、前半を12-11で折り返す。
 攻守共に確認して臨んだ後半戦。開始1分相手にロングシュートを決められ同点に追いつかれる。その後、No.5石井が2度の退場を受けてしまう。1度目の退場を無失点に抑え、2度目の退場で相手に7Mを与えてしまうが、その直後にNo.2勝連がサイドシュートを決め同点に追いつく。ソニーにサイドシュートを決められるが、No.4吉田がロングシュートを決め、取っては取られの展開が続く。この状況を抜け出したのはソニー。No.29のカットインやロングシュートを中心に得点され、その間オムロンは、オフェンスでのミスが続き、5分間無得点に抑えられてしまう。No.6石井のカットインシュートで得点し、このプレーで相手に退場者を出し、数的有利になるが得点に繋げることができない。後半開始15分、ソニーにロングシュートを決められるが、No.5高杉の身体を張ったプレーで7Mを獲得し、それをNo.4吉田が確実に決める。その後No.2勝連がサイドシュートを決めるが、ソニーにロングシュート、速攻等で3得点を挙げられ、18-24と再び点差を広げられる。No.11尾崎がサイドシュート、No.6石井が速攻、No.5高杉のカットインシュートからNo.4吉田が確実に7Mを決め追い上げをみせるが、23-26でタイムアップ。

 攻守においてミスが続き、課題が残る試合となった。この結果を真摯に受け止め課題を修正し、チーム一丸となって明日の北國銀行戦に臨みたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
3点
吉田 起子
9点
髙杉 桃加
1点
石井 優花
4点
岩渕 いくみ
1点
尾﨑 佳奈
4点
福井 亜由美
1点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ