試合情報 - 2018年度
Games

第-回 おりひめJAPANトライアルゲームズ 第1戦

2018/08/05(日) 15:30~ 八代市総合体育館(熊本県)

オムロン VS ニュークビン・ファルスターHK(デンマーク)

  • 28
  • 32
    • 15
    • 16
    • 13
    • 16

試合戦評 Match Report

 トライアルゲームズ1戦目の相手は、デンマークのニュークビンHK。オムロンのスローオフで試合が始まると開始早々ニュークビンにPTスローを許すと、No.5が確実に決め、先制点をあげられる。すかさず、オムロンもNo.8松尾の速攻、No.3相澤のサイドシュートで試合を振り出しに戻す。速攻で点数を稼ぐオムロンに対し、相手は、No.19ポストを中心に得点を重ね、試合開始から15分、8対10と展開の早い試合が続く。追いつきたいオムロンは、ここからNo.8松尾の速攻、No.14川俣の速攻で、3連取する。しかし、ここから5分間オムロンは、得点が止まり、その間にニュークビンは、着実に点数を重ねる。前半終了までのラスト5分、No.4吉田が2連続カットインで得点をあげ、波はオムロンに傾いたかと思われたが、その後No.7小館、No.19福井が連続して退場してしまう。しかし、ディフェンスで粘りを見せ、2分間を耐え前半を15対16の1点ビハインドで折り返す。
 攻守のポイントを確認して臨んだ後半戦。はやく同点に追いつきたいオムロンだったが、ニュークビンNo.4にカットインシュートを許してしまう。すぐさまNo.8松尾がカットインシュートを決めると、そこからNo.6石井、No.3相澤、No.13西尾が3連続得点を決め、19-18と逆転に成功する。そこから両者共に一歩も譲らない展開が続くが、オムロンに退場者が出て数的不利な状況になると、その隙を逃さずニュークビンは確実に得点へと繋げ、逆転を許してしまう。試合中盤、17分に代わってコートに立ったNo.19福井が執念のポストシュートを決め、No.6石井も続いて得点するが、すかさずニュークビンも速攻で加点。追いかける展開が続く中、No.5松本がサイドシュートで得点を重ね、終了間際にNo.6石井の力強いカットインで7Mを獲得しNo.4吉田が確実に決めるも、最後までニュークビンに主導権を握られてしまい、28-32で試合終了。

 チーム初となる国際試合でチームとしてもいい経験ができた。明後日は日本代表戦。今回出た課題を修正し、思いっきり挑戦する気持ちを忘れず試合に臨みたい。

得点情報 Scoring

相澤 莉乃
5点
吉田 起子
8点
松本 江里加
2点
石井 優花
2点
松尾 祐依
5点
西尾 瑠那
1点
川俣 ゆかり
2点
福井 亜由美
3点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ