試合情報 - 2018年度
Games

第8回 全日本社会人選手権 大会ファイナル

2018/05/20(日) 10:00~ 永平寺緑の村ふれあいセンター(福井県)

オムロン VS 広島メイプルレッズ

  • 19
  • 18
    • 7
    • 11
    • 12
    • 7

試合戦評 Match Report

 決勝リーグ最終戦の相手は、広島メイプルレッズ。オムロンのスローオフで試合開始。No.9永田のポストシュートで先制点を奪うが、すかさず、メイプルがカットインシュートを決め、1-1とする。その後No.9永田のポストシュート、No.2勝連の速攻で得点するも互いに取っては取られの展開が続き、10分には、3-4とリードを許してしまう。ここから10分間で1点しか取ることができないオムロンに対し、メイプルは、オムロンのミスを確実に点数に繋げる。速攻を中心に失点を許してしまい、試合開始20分4-9と一気に点差を広げられてしまう。流れを渡したくないオムロンはNo.4吉田がロングシュートとカットインシュートを決め食い下がる。25分には、相手に退場者を出し、数的有利な状況になるが得点を伸ばす事が出来ず、失点されてしまう。29分には、粘り強いディフェンスからミスを誘い速攻に繋げると、No.19福井が豪快にロングシュートを決めチームを盛り上げる。試合終了までの5分間を無失点に抑えるも7-11の4点ビハインドで前半を折り返す。
 攻撃の狙い目を修正して臨んだ後半戦。4点差を追いかけるオムロンは、開始3分相手ににロングシュートを決められ点差を広げられる。流れを掴みたいオムロンは、No.8松尾がカットインを決めると続けてNo.7小舘、No.4吉田が得点を重ねる。メイプルに退場者が出ると、勢いに乗ったオムロンは5連続得点を挙げ12-12と試合を振り出しに戻す。GKNo.1宮川を中心にディフェンスを固め10分間メイプルを無得点に抑える。このまま突き放しにかかりたいオムロンだったが、オフェンスでの細かいミスが続き得点を重ねることができない。その隙を見逃さなかったメイプルは、3連続得点を挙げ12-15とする。19分にNo.9永田の体を張ったプレーで7Mスローを獲得すると、それをNo.8松尾が確実に決める。その後No.4吉田の豪快なロングシュートが決まり、点差を1点に縮める。流れを掴んだオムロンはNo.9永田がリバウンドからシュートを確実に決めると、続けてNo.6石井がロングシュートを決め16-16の同点に。両者一歩も譲らず激しい攻防が続く中、相手にカットインシュートを決められ追いかける状況の中、No.6石井が執念のロングシュートを決めると、No.4吉田、No.8松尾が連続得点を挙げ19-18で勝利。

 新体制で挑んだ今大会。優勝は逃したものの、チームの方向性が明確となった。今回の大会で得たものを糧に次に繋げていきたい。

ベストセブン
No.4 吉田 起子
No.9 永田 しおり

得点情報 Scoring

勝連 智恵
1点
吉田 起子
5点
石井 優花
2点
小舘 美紀
2点
松尾 祐依
5点
永田 しおり
3点
福井 亜由美
1点

試合Photo Photos

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ