試合情報 - 2018年度
Games

第8回 全日本社会人選手権 決勝リーグ

2018/05/19(土) 10:00~ 永平寺緑の村ふれあいセンター(福井県)

オムロン VS ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング

  • 17
  • 16
    • 12
    • 8
    • 5
    • 8

試合戦評 Match Report

 決勝リーグ2戦目の相手はソニーセミコンダクタマニュファクチャリング。ソニーのスローオフで試合開始。ソニーにロングシュートで先制点を挙げられるも、すぐにNo.6石井がカットインで取り返す。ソニーは、No.6を中心に多彩な攻めで得点を重ねる。対するオムロンは、No.9永田のポストシュートや相手のミスを速攻に繋げ、No.2勝連がきっちりと決める。開始10分で4-4。ここから、No.8松尾のカットイン、No.7小舘、No.6石井のロングシュートで3連続得点し、7-4とリードを広げ、流れを引き寄せたと思われたが、すぐに3連続失点を許してしまい、再び同点に追いつかれる。22分にNo.7小舘が退場となり、数的不利な状況になるも、No.18伊地知がロングシュートを決め、チームに勢いが戻る。その後、機動的なディフェンスが機能し、前半残り7分間を無失点に抑え、その間に3連続得点に成功。12-8の4点リードで前半を折り返す。
 攻守ともに狙い目を確認して臨んだ後半戦。4点リードから始まり、さらに突き放しにかかりたいオムロンだったが、オフェンスでなかなか噛み合わずミスが続く。その隙を逃さず、ソニーは2連続得点を挙げ12-10とする。悪い流れを断ち切るべく、No.4吉田が豪快にロングシュートを決め、ソニーに流れを渡さない。その後No.3相澤が視野外からのポストシュートを決め、14-12とする。オムロンに退場者が出て苦しい時間帯が続くも、GKNo.1宮川の好セーブにより後半中盤9分間相手に得点を与えない。No.4吉田が体を張ったプレーで確実に得点を決め、17-14とする。しかし、残り時間4分を切ったところで、No.9永田、No.8松尾が連続で退場となり、1点差まで縮められるが、高さを利用したディフェンスシステムに変え、リードを守ったまま、17-16で試合終了。

 明日行われる今大会最後の相手は広島メイプルレッズ。今日の試合で出た攻守での課題を受け止め、最後まで粘り強く戦っていきたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
1点
相澤 莉乃
2点
吉田 起子
5点
石井 優花
3点
小舘 美紀
1点
松尾 祐依
1点
永田 しおり
3点
伊地知 美姫
1点

試合Photo Photos

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ