試合情報 - 2018年度
Games

第8回 全日本社会人選手権 決勝リーグ

2018/05/18(金) 15:30~ 永平寺緑の村ふれあいセンター(福井県)

オムロン VS 北國銀行

  • 12
  • 28
    • 9
    • 15
    • 3
    • 13

試合戦評 Match Report

 社会人選手権大会、決勝リーグ1戦目の相手は、北國銀行。北國銀行のスローオフで試合がスタート。開始2分、北國No.7にサイドシュートで先制点を挙げられると、そこから3連続失点を許す。オムロンは、5分にNo.2勝連がサイドシュートを決め1-3とする。ここから、互いに得点を挙げ、開始から11分4-6と追い上げるも、その後7分間無失点に抑えられてしまう。ここで悪い流れを断ち切るべく、オムロンはNo.18伊地知を再投入し、豪快にロングシュートを決め、流れを引き寄せる。機動的なディフェンスで粘りを見せ、勢いを取り戻したかと思われたが、要所でのミスが続く。対する北國はNo.14を中心に細かいパスワークで確実に加点する。No.11尾崎の速攻、No.3相澤のサイドシュートで得点を重ね、北國に迫るも9-15の6点ビハインドで前半を折り返す。
 攻守の方向性を確認して臨んだ後半戦。なかなかリズムを作ることができず、北國にサイドシュートや7Mスローを決められ、さらに点差が開く。それでも果敢に攻め続け相手の退場を誘う。数的有利な状況の中、No.3相澤のサイドシュートで加点するも、点差を縮めることができず、再び4連続失点を許してしまう。No.8松尾が粘り強いロングシュートを決め、勢いを取り戻したいオムロンだったが、簡単なオフェンスミスが多くなり、北國GKNo.1にシュートを阻止され、後半中盤の13分間得点が止まってしまう。逆にその間北國に追加点を与え、オムロンもディフェンスシステムの変化、メンバーチェンジを試みるも得点に繋げることができない。苦しい時間帯の中、No.14川俣が体を張りリバウンドを決める。オムロンは最後まで諦めず、前を狙い続けるも北國のペースを崩すことができず、12-28で試合終了。

 攻守においてミスが続き自分たちの流れを掴むことができず、課題が残る試合となった。この結果を謙虚に受け止め、明日のソニーセミコンダクタマニュファクチャリングとの試合を、チーム一丸となって臨んでいきたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
1点
相澤 莉乃
1点
吉田 起子
4点
石井 優花
1点
松尾 祐依
1点
永田 しおり
1点
尾﨑 佳奈
1点
川俣 ゆかり
1点
伊地知 美姫
1点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ