試合情報 - 2017年度
Games

第42回 日本リーグ 第22戦

2018/02/24(土) 13:00~ 枇杷島スポーツセンター(愛知県)

オムロン VS HC名古屋

  • 23
  • 15
    • 11
    • 8
    • 12
    • 7

試合戦評 Match Report

 リーグ第22戦の相手はHC名古屋。オムロンのスローオフで試合が始まる。開始早々、No.4吉田がロングシュートで先制点を挙げ、良い滑り出しかと思われたが、その後オフェンスでのミスが続き、一気に3連続失点を許してしまう。5分にNo.8松尾のロングシュートで1点を返すも、なかなかリズムを掴むことができない。もう一度ディフェンスを堅め直し、10分を過ぎたところでNo.3相澤の気迫あるプレーで7Mスローを獲得すると、No.4吉田が落ち着いて決め、3-3と同点に追いつく。前半中盤、両者ともに主導権を譲らない展開の中、No.6石井のポストシュートを皮切りに、No.8松尾、No.4吉田の3連続得点で8-5とリードを広げる。そこからじわじわとオムロンのペースに持ち込み、23分には好セーブが光るGKNo.12白石が7Mスローを止め、さらにチームを盛り上げる。対する名古屋も負けじとセットプレーで加点するも、前半終了間際にNo.3相澤のサイドシュートが決まり、11-8で前半を折り返す。
 攻守共にポイントを確認して臨んだ後半戦。開始3分名古屋に2連続得点されるも、すぐさまNo.4吉田がシュートを決め返す。5分にはNo.9永田の身体を張ったポストプレーから7Mスローを獲得し、No.4吉田がきっちりと決める。7分には代わってコートに立ったNo.15末吉が機動的なプレーからカットインシュートを決め、チームに勢いをつける。その後、オムロンは堅い守りとGKNo.12白石のナイスセーブもあり中盤13分間を無得点に抑える。その間にNo.9永田のポストシュート、No.17東濱のカットイン、No.5松本のサイドシュート等で5連続得点し、21分には19-11とリードを広げる。オフェンスのミスから相手に逆速攻で点を取られるもNo.8松尾のカットイン、No.3相澤の連続得点で加点する。対する名古屋もポストシュートやロングシュートで応戦するが29分にNo.11尾崎がサイドシュートを決めオムロンが最後まで主導権を握ったまま15-23で試合終了。

 今日の試合では課題も多く残ったが、総力戦で勝つ事が出来た試合だった。リーグ戦も残り2戦。最後まで粘り強く戦っていきたい。

得点情報 Scoring

相澤 莉乃
4点
吉田 起子
5点
松本 江里加
1点
石井 優花
2点
小舘 美紀
1点
松尾 祐依
3点
永田 しおり
2点
尾﨑 佳奈
1点
末吉 有里沙
1点
東濱 裕子
2点
石立 真悠子
1点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ