第42回 日本リーグ 第16戦|試合情報 - 2017年度|オムロン ハンドボール部 ピンディーズ 公式サイト

試合情報 - 2017年度
Games

第42回 日本リーグ 第16戦

2018/01/20(土) 14:00~ マエダハウジング東区スポーツセンター(広島県)

オムロン VS 広島メイプルレッズ

  • 20
  • 23
    • 9
    • 13
    • 11
    • 10

試合戦評 Match Report

 リーグ第16戦の相手は広島メイプルレッズ。メイプルのスローオフで試合開始。お互い堅い守りからなかなか得点を許さない。開始3分メイプルのロングシュートが決まり試合が動き出す。負けじとオムロンNo.4吉田が7Mスローをしっかりと決め1-1とする。続けてNo.2勝連がサイドシュートを決めるもメイプルNo.18を中心にシュートを決められリズムを掴む事ができない。9分にNo.4吉田がカットインシュートを決めるが10分には3-4と追いかける展開に。流れに乗りたいオムロンだがシュートミスやパスキャッチミスが続きなかなか得点に繋げる事ができない。得点が取れないまま15分には3-7と点差を広げられてしまう。16分No.8松尾の身体を張ったカットインから7Mスローを獲得すると、それをNo.4吉田がしっかりと決め食い下がる。その後No.8松尾のカットイン、No.4吉田の7Mスローで得点し、20分には7-10と詰め寄る。20分過ぎ相手に2人退場者が出て数的有利な状況を作るとNo.3相澤がサイドシュートを決める。一進一退の攻防が続き29分にNo.15末吉がロングシュートで加点するも相手の流れを断ち切る事が出来ず9-13の4点ビハインドで前半を折り返す。
 攻守ともに修正して臨んだ後半戦。開始早々、No.17東濱の身体を張ったカットインプレーにより7Mスローを獲得し、No.4吉田がしっかりと決める。早く追いつきたいオムロンだったが、攻撃のリズムが噛み合わずミスが続く。その後No.9永田、No.4吉田がセットプレーで加点するも、なかなか点差を縮めることができない。13分にNo.9永田が退場となるが、キーパーをチェンジし、6人攻撃を仕掛け得点に繋げる。15分には代わってコートに立ったNo.10山下がポストシュートを決め、チームを盛り上げる。ここで再びオムロンに退場者が出てしまうと、メイプルにその隙を突かれ、さらに点差を広げられてしまう。23分過ぎからオムロンはディフェンスシステムを変え、相手の攻撃を抑えるとNo.4吉田、No.19福井が得点を重ねる。終了間際にNo.17東濱のロングシュートが決まるも、最後までメイプルに主導権を握られてしまい、20-23で試合終了。

 リーグの順位を2位へと上げることができるかが決まる大きな一戦。攻守においてオムロンのペースに持ち込むことが出来ず、課題が残る試合となった。しかし、リーグ戦はまだ続くので、しっかり切り替えて課題と向き合い、来週の2連戦に向けて準備していきたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
2点
相澤 莉乃
1点
吉田 起子
10点
松尾 祐依
2点
永田 しおり
2点
山下 真里奈
1点
末吉 有里沙
1点
福井 亜由美
1点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ