第69回 日本ハンドボール選手権 2回戦|試合情報 - 2017年度|オムロン ハンドボール部 ピンディーズ 公式サイト

試合情報 - 2017年度
Games

第69回 日本ハンドボール選手権 2回戦

2017/12/21(木) 10:00~ 生駒市民体育館(奈良県)

オムロン VS JJ GANG

  • 26
  • 14
    • 10
    • 7
    • 16
    • 7

試合戦評 Match Report

 12月19日から大阪で開催されている第69回日本ハンドボール選手権大会。オムロンはシードの為、昨日の試合で勝ち抜いたJJ.GANGとの対戦。オムロンのスローオフで試合が始まると、オムロンのシュートミスからJJ.GANGが7Mスローを獲得し、得点。先制点を奪われる。序盤なかなかリズムを掴めず0-2とオムロンが追いかける展開。主導権を握られたくないオムロンはNo.8松尾のカットイン、No.4吉田の7Mスロー、No.17東濱のカットインシュート等で10分には4-2と逆転に成功する。このまま勢いに乗りたいオムロンだがオフェンスでのミスが続きなかなか勢いに乗ることができない。相手も速攻やカットインで食い下がるもオムロンNo.8松尾のカットインシュートやNo.17東濱のロングシュートで流れを渡さない。20分過ぎからオムロンのディフェンスが機能し、相手に得点を許さない。その間にNo.2勝連の2連続得点、No.3相澤の速攻で28分には9-5の4点差とする。このまま前半を折り返したいオムロンだが相手に連続得点されてしまう。試合終了間際にオムロンNo.3相澤がサイドシュートを決め10-7の3点差で前半を折り返す。
 攻守共に再確認して臨んだ後半戦。開始早々、No.2勝連、No.4吉田、No.7小舘の3連続得点で良い滑り出しを見せる。このまま流れに乗りたいオムロンだったが、要所でシュートミスが続き、JJ.GANGの4連続得点を許してしまい、13-12と点差を詰められる。ここで悪い流れを断ち切ったのはオムロンのエースNo.4吉田のロングシュート。ここから一気に突き放しにかかったオムロンは、機動力あるディフェンスから速攻に繋げ、17分には19-11とする。対するJJ.GANGも果敢にシュートを狙い反撃するも、オムロンの堅いディフェンスに阻まれる。代わってコートに立ったNo.5松本の速攻、No.11尾崎のサイドシュートで得点を重ね、勢いが止まらないオムロンは相手の攻撃を10分間無得点に抑え、そのまま26-14で試合終了。

 今日の初戦では序盤からなかなかペースを掴むことができず、苦しい時間帯が続いた。もう一度チーム全員が個々の役割を確認して、明日の大阪体育大学戦では今日でた課題を修正し臨みたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
5点
相澤 莉乃
2点
吉田 起子
5点
松本 江里加
2点
石井 優花
2点
小舘 美紀
1点
松尾 祐依
2点
永田 しおり
1点
尾﨑 佳奈
3点
東濱 裕子
3点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ