試合情報 - 2017年度
Games

第72回 国民体育大会 準々決勝

2017/10/06(金) 15:15~ 西条市総合体育館(愛媛県)

熊本県 VS 東京都

  • 32
  • 12
    • 14
    • 4
    • 18
    • 8

試合戦評 Match Report

 国民体育大会2戦目の相手は東京女子体育大学主体の東京都。熊本県No.2相澤がサイドシュートで先制点を挙げる。東京都No.10もすぐさまロングシュートを決め、振り出しに戻す。堅いディフェンスからNo.5勝連の速攻で加点するも要所でシュートミスが目立ち、2連続失点で2-3とリードされる。ここで流れを断ち切ったのが、エースNo.7吉田のロングシュート。ここから5連続得点で大きく点差を広げ、8-3とする。17分にNo.4松尾が退場となるが、粘り強いディフェンスで守りきる。その後セットプレーで確実に点を決めていく熊本県であったが、22分にまたしても2人退場者を出してしまい、数的不利な状況になってしまう。しかし、No.1宮川のナイスセーブもあり、東京都の得点を許さない。前半終了まで足を止めることなく、全員で守って走りきり、15分間無失点に抑え、No.7吉田のロングシュート、No.5勝連の速攻、No.8末吉のカットインで加点し、14-4で前半を折り返す。
 攻守におけるポイントを確認して臨んだ後半戦。2分東京都No.10にカットインで得点を許してしまうがすぐさま熊本県No.8末吉がカットインで点を取り返す。熊本県は相手のミスから速攻で繋ぎNo.7吉田、No.9永田が確実に得点を決める。勢いの止まらない熊本県はNo.2相澤、No.4松尾、No.10小舘等の速攻で得点を重ね、相手を突き放す。流れを変えたい東京都はクイックスタートやNo.6を中心に反撃するも熊本県は流れを渡さない。その後試合終了までの10分間No.12白石を中心に堅い守りで相手に得点を許さず、熊本県は積極的にメンバーチェンジを試みて、No.8末吉のカットイン、No.3福井の速攻やNo.6東濱のロングシュート等で5連続得点し32-12で試合終了。

 課題は残ったものの、序盤からリードを保ち優位にゲームを進めることができた。明日の対戦相手は広島メイプルレッズが主体となる広島県。チーム一丸となって決勝進出を決めたい。

得点情報 Scoring

勝連 智恵
4点
相澤 莉乃
6点
吉田 起子
5点
小舘 美紀
2点
松尾 祐依
3点
永田 しおり
3点
末吉 有里沙
6点
東濱 裕子
1点
福井 亜由美
2点

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ