試合情報 - 2017年度
Games

第42回 日本リーグ 第3戦

2017/09/09(土) 13:55~ 山鹿市総合体育館(熊本県)

オムロン VS ソニーセミコンダクタ

  • 23
  • 22
    • 11
    • 12
    • 12
    • 10

試合戦評 Match Report

 本日のホーム戦の相手はソニーセミコンダクタマニュファクチャリング。ソニーのスローオフで試合開始。先制点を挙げたのはオムロン。ソニーのミスからNo.4吉田が速攻を決めるもすぐさまソニーNo.6がロングシュートを決め試合を振り出しに戻す。続けてオムロンNo.3相澤がサイドシュートを決め1点リードするも、ソニーもNo.6がカットインシュートを決め、お互いに主導権を握らない。一進一退の攻防が続く中、オムロンNo.19福井、No.6石井が速攻を決め10分には5-3とリードする。このまま突き放しにかかりたいオムロンだが退場者を出してしまう。相手に流れを渡したくないオムロンはディフェンスを固め数的不利な状況を耐え相手に得点を許さない。なんとか追いつきたいソニーはNo.15を中心にポストプレーで得点を重ね食い下がる。その後No.3相澤のサイドシュート、No.9永田のポストシュート、No.2勝連がサイドシュートを決めるもオフェンスのミスを相手に繋がれ20分過ぎには9-9と同点に追いつかれてしまう。両者一歩も譲らない攻防が続くがオムロンはなかなか得点を決めることができず11-12と1点ビハインドで前半を折り返す。
 攻守のポイントを確認して臨んだ後半戦。開始早々、ソニーNo.8のロングシュート、No.5の速攻で2連続失点する。その後も、オフェンスが噛み合わず、この日最大5点差まで広がる。これ以上差を広げたくないオムロンはNo.8松尾のカットイン、No.2勝連、No.3相澤の速攻で加点する。対するソニーもNo.17を中心に確実に得点につなげる。流れを引き寄せたいオムロンは堅いディフェンスから速攻と粘り強いオフェンスで徐々に点差を詰め、19分に19-19と同点まで追い上げる。さらにオムロンのエースNo.4吉田のロングシュート、カットインの2連続得点で21-19と勝ち越しに成功。守っては、No.1宮川のナイスセーブ、そして機動的なディフェンスで相手のミスを誘い、約8分間無失点に抑える。試合終了間際にソニーNo.17にステップシュートを決められるも1点を守りきり、23-22で試合終了。
 今日の試合では、会場がピンク一色の大応援団の後押しもあり、勝利を収めることができた。再来週は2連戦と厳しい戦いになるが、この結果に満足することなく、全員で泥臭くプレーしていきたい。

No.4 吉田起子 通算200得点達成

得点情報 Scoring

勝連 智恵
5点
相澤 莉乃
4点
吉田 起子
6点
石井 優花
2点
小舘 美紀
1点
松尾 祐依
3点
永田 しおり
1点
福井 亜由美
1点

試合Photo Photos

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ