試合情報 - 2016年度
Games

第68回 日本ハンドボール選手権 決勝

2016/12/25(日) 12:00~ 駒沢体育館(東京都)

オムロン VS 北國銀行

  • 28
  • 25
    • 12
    • 13
    • 12
    • 11

(延長:2-1,2-0)

試合戦評 Match Report

 第68回日本ハンドボール選手権大会。王者の座をかけた決勝戦の相手は北國銀行。北國のスローオフで試合開始。No.6のカットインで先制点を許してしまうが、オムロンNo.4吉田が速攻で点を取り返す。その後守りを堅めたオムロンは7分間北國を無得点に抑え、No.9永田、No.17東濱等が気迫溢れるプレーで加点し、4-1とリードする。流れを変えたい北國はポストシュートで食らいつくが、北國に1人退場者が出ると数的優位な状況でオムロンNo.2澤田がサイドシュートを決めペースを掴む。ディフェンスもオムロンNo.1山中の好セーブが光り21分には10-6とする。このまま突き放しにかかりたいオムロンだったが、オムロンのミスから北國が早いパス回しで揺さぶり得点を重ねる。28分にはオムロンNo.17東濱がセットプレーで点を稼ぐも、12-13と北國に1点リードされる形で前半を折り返す。
 攻守ともに狙い目を確認して臨んだ後半戦。オムロンNo.9永田の速攻で振り出しに戻すと、北國も負けじと速攻で取り返す。3分にはオムロンに退場者が出てしまうが数的不利な状況でも相手に得点を許さない。北國No.14がセットプレーで2連取するが、オムロンNo.13勝連のサイドシュート、攻守交代でコートに立ったNo.7小舘が速攻で点をもぎ取り、波を引き寄せる。守っては相手のミスを誘発し、11分半には17-17となる。取っては取られの攻防が続く中、交代で出場したオムロンNo.11石井のロングが北國のゴールに突き刺さる。このままペースを掴みたいオムロンだったが北國No.1GKにシュートをシャットアウトされ、7分間無得点に抑えられる。その間に北國に2点連取されてしまう。終盤早く流れを引き寄せたいオムロンはNo.9永田がキャプテンの意地を見せシュートを決める。お互いに一歩も譲らない攻防が続くき、27分に北國が1点リードするが、すぐさまオムロンが1点を取り返す。オムロン、北國ともに最後の攻撃のチャンスでタイムアウトを請求するも得点には結びつかず、24-24の同点で延長戦へと突入。
 延長戦が始まると、開始1分オムロンNo.17東濱がカットインシュートを決める。対する北國銀行もポストシュートに飛び込み7Mスローを獲得。No.14がシュートを決め、25-25とする。一進一退の激しい攻防が続く中、4分にオムロンNo.2澤田が速攻を決め26-25と再びリードを奪い前半終了。後半、オムロンNo.17東濱のロングシュート、No.13勝連のサイドシュートで2得点を挙げる。ディフェンスではNo.12宮川がナイスセーブを連発し、相手を無得点に抑える。28-25で試合終了。

 オムロンは今季初のタイトルを獲得。日本選手権においては2年ぶりの優勝となる。次戦は1月7日から再開される日本リーグ。今大会で得た成果と課題に真摯に向き合い精進していきたい。

MVP No.9永田しおり

得点情報 Scoring

勝連 智恵
3点
吉田 起子
6点
石井 優花
2点
永田 しおり
7点
澤田 智美
2点
松尾 祐依
1点
東濱 裕子
6点
小舘 美紀
1点

試合Photo Photos

試合情報一覧へ戻る

ページの先頭へ