ハンドボールのルール
Handball Basic Rules

プレー人数・競技時間

ゲーム人数:1チーム7名(CP6名、GK1名)
選手の交替:交代ラインから自由に何度でも可能
ユニフォーム:CPとGKが異なる対照的な色
競技時間:30分-15分-30分
延長:第一延長5分-1分-5分、決まらない場合は第二延長。それでも決まらない場合7mスローコンテストを行う

コートについて

ハンドボールコート

  • ①サイドライン(40m)
  • ②アウターゴールライン(8.5m)
  • ③ゴールライン(3m)
  • ④センターライン(20m)
  • ⑤ゴールキーパーライン(4m)
  • ⑥ゴールエリアライン(ゴール前方から6m)
  • ⑦7mライン(ゴールラインから7m)
  • ⑧フリースローライン(9m)
  • ⑨交代ライン(センターラインから4.5m)

ボールの扱い方・スロー


7mスロー

身体の使用部分:膝から上
ボールの握り方:ボールの溝に合わせて親指と小指で挟み、他の3本の指は添える。
ボールの取り方:両手の親指と人差し指で三角形を作り、手のひらを相手に向け、肘を曲げながらキャッチする。

7mスロー:シュート体勢に入っている人へディフェンダーが危険な行為をした場合や、ディフェンダーがゴールエリア内で防御・妨害した時にゴールキーパーとの1対1でのペナルティースローが与えられる。シューターはフェイントはOKだが、軸足が動いたり、7mラインを踏んではいけない。

スローオフ:試合開始、失点後に行われます。センターライン中央から行い、レフェリーの合図から3秒以内に行います。相手選手はスローオフをする選手から3m以上離れるのがルール。

反則・罰則

  • オーバータイム
    3秒以上ボールを持つこと。
  • オーバーステップ
    ボールを持って4歩以上歩くこと。
  • ラインクロス
    ゴールエリアラインを踏んでシュートする。
  • ダブルドリブル
    ドリブルしたボール持ち、再度ドリブルした時、相手ボールになる。手首を返してドリブルした場合もダブルドリブルになる。
  • プッシング
    相手選手を押したり突き飛ばす行為。
  • ホールディング
    相手選手を抱え込んで動きを妨害したとき。
  • チャージング
    攻撃側の選手が強引にディフェンダーに接触した場合。攻撃側の反則。
  • キックボール
    膝よりも下の部位でボールに触れること。ただし相手チームのプレーヤーから投げつけられた場合を除く。キーパーはゴールエリアライン内では足で触れてもOK。
  • パッシブプレー
    攻撃しよう、あるいはシュートを打つという意図を示さないでチームがボールを所持し続けた場合、攻撃に消極的とみなされ、レフェリーの判断で相手ボールになる。

レフェリー

警告:反則や反スポーツマンシップ行為にはイエローカードが提示される。
退場:反則や危険行為が繰り返されたとき、2分間出場停止になる。その間はチームは代わりのプレーヤーを補充できない。
失格:重大な反則。スポーツマンシップに反する行為、同一プレーヤーの3回目の退場にはレットカードが提示され、そのプレーヤーはコートとベンチから去らないといけない。

ページの先頭へ